コラム

速報!小規模事業者持続化補助金がついに募集開始

ついに、小規模事業者持続化補助金の第16回公募が発表されました。

本コラムでは、小規模事業者持続化補助金の枠組みや補助対象経費について、
詳しくお伝えしていきます。

販路開拓等を目的とした事業投資を、ご検討の事業者さまは、ぜひ参考にしてください。

小規模事業者持続化補助金とは

小規模事業者持続化補助金は、将来の制度変更などに備えて取り組むための、
販路開拓などの取り組みを支援し、地域の雇用と産業を支えることを目的としています。

補助対象者

補助対象者は小規模事業者となっています。

小規模事業者の定義として、業種ごとに異なりますので、上図を確認して、ご自身が小規模事業者に該当するかチェックしておきましょう。

補助額、補助率等

小規模事業者持続化補助金には、枠という考え方があります。

この申請する枠によって、補助の対象となる事業者さまや、補助額が異なってきます。

補助率は一律2/3となっており、補助額は各枠事に異なります。

今回は、すべての枠を詳しくお伝えしていきますので、ご自身に適した、申請枠を探していきましょう。

通常枠

小規模事業者持続化補助金でメインとなる枠は通常枠です。

こちらの枠は、補助上限が50万円と、他の申請枠と比べて小さめではありますが、申請要件等の制約がなく、非常に申請のしやすい枠となっています。

初めて補助金を活用してみる事業者さまにおすすめとなっています。

賃金引上げ枠

賃金引上げ枠は、事業内の最低賃金を引き上げることで、補助上限額が200万円となります。

具体的には、補助事業実施期間に、事業場内最低賃金を地域別最低賃金より+50円以上としなければなりません。

仮に補助事業実施期間内に、目標を達成出来なかった場合、交付決定後でも補助金の支給が取り消しとなりますので注意が必要です。

卒業枠

事業規模拡大に意欲的な小規模事業者に対し、補助事業実施期間中に常時使用する従業員を増やし、小規模事業者として定義する従業員の枠を超え事業規模を拡大することで、補助額が200万円となります。

小規模事業者の定義する人数に、近い従業員数を抱える事業者さまであれば、比較的申請がしやすいと考えられます。

後継者支援枠

将来的に事業承継を行う予定があり、新たな取組を行う後継者候補として、「アトツギ甲子園」のファイナリスト等になった事業者を対象になります。

こちらも、該当する事業者さまであれば補助額を200万円まで引き上げることが可能となります。

各事業者さまで確認してみて下さい。

創業枠

最後に、創業枠は「特定創業支援等事業」に認定されている事業者さまが対象となります。

仮に、上記に認定されている場合、補助額は200万円まで引き上がります。

こちらは、すぐに取得でいるものではないため、もし取得されているようであれば、ぜひご活用下さい。

「特定創業支援等事業」は融資の利率が下がったり、他の補助金でも優遇がある場合があります。
取得資格のある事業者さまはぜひ、取得を目指してみて下さい。

補助対象経費

補助対象経費は多岐にわたります。

広報費といった販路開拓の根幹となる投資はもちろんのこと、WEBサイト関連費や新商品開発費といった、事業運営に必要な費用など、幅広い経費が補助対象となります。

・WEBサイト関連費は補助金総額の1/4(最大50 万円)を上限とします。

・ウェブサイト関連費のみによる申請はできません。

申請スケジュール

申請のスケジュールはタイトになっています。

申請受付締切が、2024年5月27日17:00~となっているため、余裕を持った準備が必要となります。

また、申請は電子申請となっており、GbizIDが必須となりますので、お持ちでない方は、お早めに取得をしておきましょう。

まとめ

今回は、小規模事業者持続化補助金をご紹介いたしましたが、いかがでしたか?

販路開拓を課題とされている事業者さまは少なくないと思います。

申請期日は、あまり長くはありませんが、まだ間に合いますので、申請をご検討の事業者さまは準備を進めていきましょう。